HOME | 脊椎治療

<脊椎治療>

脊椎治療とは?

  
   
主に、頚椎、胸椎、腰椎、仙骨へアプローチする治療となります。
大きく分類し3つの痛みの主訴を評価します。
  ①  筋性・筋膜性
  ②  関節性
  ③  神経性
 
いずれかの痛みの原因を検査し、
脊椎治療では、②関節性 ③神経性に効果が期待できます。
 
脊椎部での、関節の不具合や椎間板症状、神経圧迫が原因でさまざまな症状が起こります。
このような症状には、まず、急性期・回復期・慢性期の時期の確認し急性期には、
まず鎮静させる治療が主になり、回復期・慢性期へのアプローチが主となります。
 
 

脊椎へのアプローチ

 
さまざまな治療手法で行いますが、
 ①  関節に対してのストレッチ
 ②  脊椎矯正(原因になる脊椎部を操作)
 ③  浮腰式牽引(腰椎疾患に限る)
 ④  SOT(骨盤のストレッチ)
  + マッサージ、電気治療の組み合わせを行います。
 

主な症状

脊椎症、椎間関節痛、神経根症、椎間板症、ヘルニア、脊柱間狭窄症、ストレートネック
分離症、すべり症、変形性腰椎症、変形性頚椎症