<スポーツ鍼灸>

各種スポーツ疾患への対応

当院ではプロスポーツ選手を始め、
各種アスリートが競技やトレーニングによって起こる症状に対応した鍼灸治療を行っております。
主にスポーツの分野での鍼灸によるケアは、スポーツによる外傷や障害の治療、コンディショニングの調整、
パフォーマンスの向上など、各個人の目的に応じた施術を行います。
鍼灸治療による継続的なメンテナンスを行うことは、より永く充実した競技生活を送ることに貢献できます。
疲労の回復促進に伴い自律神経系の安定を図り、試合前の治療ではベストコンディションに仕上げ、
試合後では疲労を素早く解消することができます。
また、鍼灸による鎮痛効果や血流促進作用により、ゴルフ、テニスによる肘・肩の関節痛、
また各種スポーツ障害の治療や予防にも効果的です。
また、JOCドーピング規定により鎮痛剤や感冒薬などの薬物を服用できない選手のフィジカルケアについても対応しております。
 

スポーツ外傷・障害の鍼灸治療

試合中や練習中に起こる外傷や障害は競技種目によって多岐にわたりますが、その多くはいずれも突発的な衝撃やケア不足による急性的(骨折、打撲、捻挫など)、慢性的(疲労骨折、じん帯損傷など)な肉体への負荷が原因となり起こりうるものです。
急性外傷の場合は医療機関にて処置が行われますが、
回復期や回復後に鍼灸によるケアを導入することで筋力低下や障害部位の血行不良、
痛みを改善させ、復帰時期を早めることにも大変有益な治療になります。
実際にトップスポーツ現場でも、
鍼灸治療を取り入れている選手も多数いることから、 その効果は広く認知されております。
当院はスポーツ分野の鍼灸治療に特に専門化された知識を有しておりますので、
スポーツ外傷や障害またはその後遺症にお悩みの方はプロ、アマチュアを問わず、お気軽に御相談ください。
 

コンディショニングの調整とは?

「どうすれば試合で最高のパフォーマンスが発揮できるのか?」というテーマを実現するためには、
コンディショニングが必要不可欠です。
コンディショニングとは、良いトレーニングを積み、試合にベストな体調で望むことですが、
そのためには、適切なトレーニング・栄養・休息を取るというルーティンワーク
を大切にしていかなければなりません。
ベストコンディション実現のためには、心身両面のコンディショニングでありますが、
医学的な観点で見ると、運動器系以外の自律神経系・免疫系のバランスを整えていく事が重要になってきます。
鍼灸治療では、選手のコンディションに応じて、このバランスを調整していくことができます。
例えば、試合前の過度な精神的緊張を鍼治療によって大きく低減させることができます。
鍼灸の豊富な経験医学としての蓄積と、科学的見地からの生体へのメカニズムの観点から、
当院ではアスリートの心身の状態を常に最良な状態に整えるためにサポートしていきます。
 

パフォーマンスの向上

当院では、怪我や故障からの回復後、
パフォーマンスの向上を目的とした時期により積極的なコンディショニングを行っていきます。
鍼灸治療でトレーニングの疲労からの回復を早め、筋肉の超回復を最大限に促すことを目的として、
疲労が蓄積した筋肉部分へのアプローチに加えて、自律神経系・免疫系のバランスを整えていきます。
また、鍼治療では癒着している筋膜のテンションパターンに柔軟性を与えることによって、
怪我や故障の原因となる不適切なフォームの改善等のアドバイスも行っております。
 

当院でのスポーツ対象疾患

野球肘(内側型)・野球肩・テニス肘・アキレス腱炎・ジャンパー膝・ドゥケルバン・グローインペインなど
脛骨過労性骨膜炎(シンスプリント)・捻挫・オスグット・肉離れ・鵞足炎・外脛骨・セーバー病・足底腱膜炎
腰痛・椎間板ヘルニア・梨状筋症候群・腰椎分離症
頚肩腕症候群・インピンジメント症候群
むち打ち症・頚椎捻挫後遺症腱鞘炎顎関節症